4/2 (日)

切削しよう!CNCを使おう!ーFusion360講座CAM編

3DCAD「Fusion360」には、NCプログラムを書き出す為のCAM機能が備わっています。
つまりFusion360上で3D形状データの作成から、NCコードの作成までを連続して行うことが可能なのですが、まだまだリファレンスが少ないのが現状です。
そこで、Fusion360講座CAM編として「3D形状データからNCプログラムを書き出し、CNCフライス”KitMIll RD420″にデータを持っていく」という一連の流れを学んで頂けるクラスを設けました。

スクリーンショット 2016-10-19 14.59.50

 

Fusion360で作ったモデルを3Dプリントするだけでは物足りなくなった方、切削という新しいツールを取り入れてみませんか。

スクリーンショット 2016-10-19 15.11.44

 

※本講座は、Fusion360の基本的な操作が分かり、簡単なモデル作成が行えるということを前提としています。
※実際の加工は行いませんのでご注意下さい。