6/23 (土)

3Dプリントの学校 中級コース(YOYOMAKERプレゼンツ)

3DCADと3Dプリンターでロケットランチャー型ペン立てを作ろう!

3Dプリントの学校 中級コースでは、3DCADと3Dプリンターを使ったものづくりの基本を学習します。

■ 内容
物体の立体的な捉え方と、3DCAD操作に必要な考え方に加えて、ボルトやナットといった締結部品、3Dプリントした部品同士の組み合わせを前提とした設計を学ぶことができます。さらに、3Dデータを3Dプリントする際に必要なソフトウェアの解説も行います。これらの内容を集中して学ぶことで、家庭用3Dプリンターを楽しく活用するコツをお教えします。

ステップ1:まずは3D CAD操作に必要な考え方を解説します

ステップ2:3D CADを操作する前に、部品同士の関係を考えてみます

ステップ3:3D CADを操作していきます

ステップ4:スライサーというソフトウェアの使い方を紹介します(画面は一例です)

ステップ5:3Dプリンターを動かしていきます。

プレゼント:3Dプリントしたロケットランチャー型ペン立てをプレゼント(写真はサンプルです)

 

YOYOMAKERについて

YOYOMAKERは、3DCADで競技用ヨーヨーを設計し、3Dプリンターで製造することにこだわったヨーヨーブランドです。2017年より、3DCADのワークショップを不定期開催させて頂いております。お越しになった参加者様より、自分が作りたいものをじっくり作ることができるようなコースの要望を頂いておりました。3Dプリンターを楽しく使うには3Dデータを作るという作業が必要ですが、このコースではさらに、実践的な3Dプリントスキルまでお教えします。

 

講師プロフィール

YOYOMAKER 東方秀樹

社会人をしながら、ヨーヨーづくりにこだわる「メイカー」として活動しています。3Dプリンターによるヨーヨー制作を追求する個人ブランド「YOYOMAKER」を主催。

■実績
・2014年ジャパンナショナルヨーヨーコンテストファンイベントMODS部門優秀賞
・「3DCAD&3Dプリンターでヨーヨーを作ろう!ワークショップ」を大阪、東京で開催
・2015年日経ものづくり主催「3Dプリントシンポジウム」にゲストスピーカーとして登壇
・ディアゴスティーニ「月刊3Dプリンター53号」に特集記事掲載
・WEBとクルマのハッカソン2017最優秀賞受賞
・2017イーストジャパンヨーヨーコンテスト1A部門に3Dプリントヨーヨーで出場。