2/3 (日)

3Dプリンターでルアーを作るための基礎ワークショップ


3DCADと3Dプリンターを使ってルアーを作ることに特化したワークショップです。

このワークショップで身につけていただくものは、3DCADの知識ではありません。
ルアーを作るためには、3DCADのどの機能を使うと効果があるのかを学ぶことができ、あなたのオリジナルルアー作成に活かすことができます。
Fusion360という3DCADを使って、ルアーを作るための基礎ノウハウに特化しています。
もちろん、3Dプリンターでルアーをプリントするときのコツや、組み立て方の概要などもお伝えします。
あなただけのルアーを自分で作って、釣りにチャレンジしませんか?
 
ワークショップでは、3DCADのインストールと基礎操作解説、3Dプリンターの解説を経て、ミノーの作り方を説明し、実際に手を動かしていただいて、ミノーを作って頂きます。
※3Dプリントは時間がかかりますため、当日プリントしたものをお持ち帰りいただくことができません。こちらでプリントしたものを郵送等でお届けします。
 





 
□講師プロフィール
太田 珠貴

ツイッター上にてハンドルネームTama(Tama48297543)で活動。
三重県の自然の中で育ち、現在都内在住。

3歳から釣りを始め、現在、3Dプリンターで制作したルアーで、国内外フィールドを問わず様々なフィッシングに挑戦。3Dプリンターで制作したルアーで、すでに12種目の魚種を釣り上げた。2018年末にはブラジルのアマゾン釣行にもチャレンジ。自ら3Dプリンタールアーを使った釣りの可能性を追求する一方で、3Dプリンターでのルアー作りを普及すべく「3Dプリンターで作ったルアー限定の釣り大会」を共催。

>>参考記事