3/16 (木)

Fab Safe Summit「ものづくりの安全を考えよう!」 Vol.2
〜レーザーカッターを安全に使うポイントとヒヤリハット事例の共有〜

FSS-Banner550_1

Fab Safe Summit の第2回目を開催します。

昨今イベントやシェアスペースの利用など「人々が集まり何かを行う」機会が増えています。一方で適切に運営するための危機管理知識を共有する場が少ないのではないかという問題意識から、Fab Safe Summitというイベントを立ち上げました。
大事故にはならなかったもののヒヤッとした経験があったり、これで本当に大丈夫なのかという微かな不安を解消できないという方、知識を共有し安全な制作環境の構築やイベント実施について考えてみませんか?
このイベントでは、参加者から”ヒヤリハット事例”を挙げてもらい共有します。共有された事例は後日事務局でまとめ、一般例として編集し公開します。場の提供者、イベント主催者がそれぞれの立場で知っておくべきことをテンプレートとして作成し共有することを目的とします。

第2回目となる今回はレーザーカッターメーカーであるトロテック・レーザー・ジャパン株式会社の吉留 貴弘氏からレーザーカッターを安全に使うポイントをお話頂き、使用時のリスクとその対策についてお話をして頂きます。その後、前回皆さんから挙げて頂いたヒヤリハット事例を資料としてお配りします。

前回終了予定時刻を大幅に過ぎてしまったため、白熱した議論を途中で打ち切ることとなりましたが、第2回目では前回皆さんに出して頂いたヒヤリハット事例を叩き台にして改めてグループワークや座談会を行います。

ー プログラム ー
第1部”レーザーカッターを安全に使うポイント” (18:30-19:15)
講師:吉留 貴弘氏:トロテック・レーザー・ジャパン株式会社 営業・マーケティング
MC:熊谷 薫:TOKYO FABBERS アートマネージャー
・機器メーカーの立場から、レーザーカッターを安全に使用するポイントと事例をお話頂きます。また、レーザーカッターに関して皆様からの質問を受け付けます。

第2部“参加者含めたヒヤリハット事例の共有・交流” (19:15-20:30)
MC:熊谷 薫
・まず、前回のヒヤリハット事例を資料として共有します。その後、参加者を複数のグループに分けて事例についてグループワークを行います。最後に各グループごとに発表をして頂きます。