1/29 (金)

Robot x Programming

WSレポート「Scratch(スクラッチ)」でプログラミング!!

前回のワークショップと同じように、Scratchでプログラミングをしてfabbotを動かすという内容のワークショップを開催しました。

 

「Scratch」とは、米MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボで生まれた子供向けのプログラミングソフトです。はじめてプログラミングをする子供にもわかりやすく、誰でも簡単にプログラミングを始めることができます。
IMG_1705

今回参加してくださったのは小学校2年生〜5年生の子供たちで、すでにプログラミングをしたことがある!Scrachを何回も使ったことがある!という子もいました。

 

ワークショップではfabbotにいろいろな命令してみようということで、テキストを見ながら、「fabbotの顔を動かす・目の明るさを変える・しゃべらせる」プログラムを作りました。

お手本のプログラムを真似してして作ったり、思いついたものを自分で作ってみたり、組み合わせてみたりと、みなさん楽しみながらプログラミングしていたのが印象的でした。

IMG_1699

ロボットの動きは、画面上での変化よりもプログラムで動いていることを直感的に感じることができ、楽しく、わかりやすかったのではないかと思います。Scratchではロボット以外にも、アニメーションやゲームなども作ることができます。このワークショップをきっかけに、プログラムでモノを作ることに興味を持ってくれたら良いなと思っています。

 

好評につき、このワークショップは今後から毎月第4日曜に開催して行く予定です!
詳しくはPTAワークショップのページを御覧ください

たくさんのご参加お待ちしております。