11/18 (木)

FLSI-Blog

【COVID-19における3Dプリントフェイスシールド製造に関する調査報告】

ファブラボ世田谷では、本年4月・5月にかけて実施していた医療関係者向けフェイスシールド配布プロジェクトの経験を踏まえて、慶應義塾大学SFC研究所による【COVID-19における3Dプリントフェイスシールド製造に関するアンケート調査】に協力しました。
このたびその結果が発表されましたので、ご報告いたします。
 
【COVID-19における3Dプリントフェイスシールド製造に関する調査報告】
 
現在では薬局やスーパーでも容易に入手出来るようになったフェイスシールドですが、当時は流通量が少なく急激な需要増で、なかなか手に入らない状況でした。
短期間で14万個もの数を生産できたのは、データさえあればどこでも同じものを作ることが出来る、3Dプリンターならではの特性を生かした好例ではないでしょうか。