3/16 (木)

FLSI-Blog

レポート:Fab Safe Summit「ものづくりの安全を考えよう!」 Vol.2 〜レーザーカッターを安全に使うポイントとヒヤリハット事例の共有〜

【イベンントレポート: fab safe summit Vol.2 】

今回で2回目の開催となったfab safe summitは、どのメイカースペースでも最も稼働が多く、またそれだけにちょっとしたトラブルも多いレーザーカッターとその事例共有がテーマ。ゲスト講師としてトロテック・レーザー・ジャパン株式会社(https://www.troteclaser.com/ja/)の営業・マーケティング担当の吉留様をお招きし、メーカーの立場からその安全な使用法と素材に関する注意点をじっくりと伺いました。

_MG_6574.CR2

さすがは世界的なレーザーカッターメーカーの中の方だけあって、素材に関する安全面に関してなどは運営者側としても認識をあらためなければならないようなお話もあり、お話の最後には参加者の皆さんから吉留様に対し個別の突っ込んだ質問も出ていました。今回も参加者のテーマに対する興味の高さが伺える一コマでした。

そして休憩を挟んだ後は、前回同様に座談会がスタート。参加者にはスペースの運営者とそのユーザーさんも混じる中、レーザーカッターに関する事例共有を中心に皆さんの安全面に関する経験談をグループに分かれてディスカッションしていただきました。Vol.1よりもやや人数が少なかったせいか、座談会はとてもアットホームな雰囲気でそれぞれがじっくりとヒヤリハット事例を語りつつ、それに対し周囲からアドバイスや関連した事例がどんどん出てくるような構図が各グループ内で自然と生まれていたようです。

_MG_6587.CR2

イベントの終わりはそれぞれのグループからディスカッション内で上がった意見を共有するシェアタイム。ユーザーにとっても運営者にとっても、普段利用しているだけでは耳に入ってこない本音がちらほらと聞こえてきていました。イベントの運営側も今回のイベントの様子をみていて、個々の経験と記憶に埋もれている事例を掘り起こして共有しアーカイブするということの大切さをあらためて感じました。お陰様で今回も参加者ワークシートとアンケートが沢山集まりました。

fss2

最後にあらためてお伝えしておくと、このFab safe summitというイベントの目的は、ものづくりやイベント内での危機管理や安全に対する知見・ノウハウを関心のある運営者やユーザー間で共有していく事です。今後もイベント内で得られた成果物はfab safe summit FBページ内で積極的に共有していきます。

そして次回のVol.3は今のところ5月頃、テーマは「イベントに関する法律について」で開催予定ですが、詳細はFabLab Setagayaのイベント&ワークショップページにて発表しますのでお楽しみに!

またこれまでこのfab safe summitに参加した方でまだこのFBグループに参加していない方、またイベントには行けなかったけどFBグループに参加したい方がいらっしゃいましたら以下からぜひ参加申請の方をどうぞ!!

>>Fab Safe Summit FBグループページhttps://www.facebook.com/groups/1863215503941294/