11/10 (火)

Minecraft

WSレポート「”Windows版”マインクラフトで3Dプリンタを体験しよう!!」

11月7日にIIDにて「まちのピクニック vol.2」で、PTAでは『”Windows版”マインクラフトで3Dプリンタを体験しよう!!』が行われました。

Minecraft』(マインクラフト)は、Notch(マルクス・ペルソン)とその会社 (Mojang) の社員が開発した、ブロックを空中や地面に配置し、自由な形のものを作っていくサンドボックスゲームで、日本語圏では『マイクラ』という略称で呼ぶこともあります。

ワークショップの内容は、小学3年生〜中学生までを対象とし、みんなが大好きなマインクラフトを通して、3Dプリンターに触れてもらおうというもの。

今回参加してくれた子ども達の中のマインクラフトを日頃からプレイしているという子も、ほとんどPC版のマインクラフトに触れた事がないとのことでした。プレイ前に基本操作などの簡単な説明をしただけで、みんなすぐにPC版に慣れ、普段プレイしているPE版よりも楽しんでいた様にも見えました。また、ワークショップ中、参加したお友達同士で分からない事などを教え合いながらプレイする場面などもあり、PTAのスタッフも子ども達の成長力には驚きの色が隠せませんでした。

ゲーム終了後は、時間内にマインクラフト内でつくったお気に入りの建造物をみんなで発表し合いました。

_MG_7486 _MG_7493 _MG_7505 _MG_7516 _MG_7522

最後に、ワークショップ中に造形出力をしたマインクラフト造形サンプルをみんなに手に取って見てもらい、マインクラフトを通して3Dプリンターにも触れてもらいました。

IMG_0400

マインクラフトのプレイ時間の合間を縫う様な形で、3Dプリンターや造形物を見てもらい、説明を聞いてもらい、少しながら感動してもらえた様に思えましたが、みんなはやっぱりマインクラフトが大好き!! そんな姿がとても素敵でした!!

今後もPTAでは、マインクラフトのワークショップを定期的に実施していく予定です。ご興味のある方はぜひワークショップのページを定期的に覗いてみて下さい!