8/23 (木)

FLSI-Blog

レポート:Fab14報告会 ~Fab14とはなんだったのか~

8/23(木)、7月にフランスで行われたFAB14+の報告会をFabLab世田谷にて開催いたしました。
4名の登壇者から報告がありました。

1. 井黒恵美(FabLab世田谷)「FAB14 Distributed Education」
◆本会議の前に東部のBatavilleにて開催されたDistributed Educationからの報告。

STEAM教育(講演と実例紹介) / OpenBadges(電子バッジ=学習内容を証明し、キャリア開発に繋げられる仕組み) / Fab施設がある図書館

 

2. 田宮裕一(FabLab関内)「FAB14 in Toulouse」
◆ワールドカップ優勝の翌日から始まったFAB14本会議のレポート。

本会議のプログラム紹介 / 参加したWS(Projection Mapping with the Raspberry Pi, Soft Robotics, etc) / Fab Academy & Fabricademy Graduation / Gala Evening / Fab Festival

 

3.道用大介(FabLab平塚) 「Fab AcademyとFAB14」
◆本年度Fab Academy を受講し卒業された道用先生のレポート。

Fab Academy(全体のスケジュール、1週間の流れ) / カリキュラム内容と宿題 / 2019年度 Fab Academy 開講予定Lab紹介 / Fab LabへのAccess(デジタルファブリケーションにAccessできる人は?)

 

4.渡辺ゆうか(FabLab鎌倉)「ファブラボ、そしてファブシティへ」
◆今回のFab City Summit で日本初FabCity宣言をした鎌倉市。

ファブラボ国際会議の変遷〜Fab City への流れ / Fab City Manifesto

 

FabLabが日本に誕生して約8年。
「自分たちでつくることができる」という発想がモノだけにとどまらず、コミュニティや街までも拡がりを持つように感じられてくる内容でした。